星をかぞえながら・・・


Welcome!
by claraY
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:本( 26 )

幸せを見つける幸せ

ホームレス中学生
麒麟・田村裕 / / ワニブックス

義母が昨年末にRにって送ってくださった本。

Rが読んだあと、私も読みました。
麒麟の田村さんのホームレス体験の話は過酷です。だけど、
読み終わったあとに残ったのはお母さんを亡くして、お父さんに
捨てられたあとの兄弟姉妹の仲のよさと田村さんのお母さんに対する
思いの強さでした。

こんなに辛い思いをした、こんなに大変だったという
ことに焦点があっておらず、それよりも、大変ななかで
周りの人にこんなによくしてもらった、お姉ちゃんやお兄ちゃんに
こんなによくしてもらったという記述に焦点があっていること。

早くに病気で亡くなったお母さんに対しても、ああしてほしかった
こうしてほしかったというよりも、お母さんがこんなことをしてくれた、
こんなことを言ってくれたという記述に満ちていて、そこが心に残りました。
量ではなく質として愛をうけとれる人は幸せな人だと思いました。

余命1ヶ月の花嫁
TBS「イブニング5」 / / マガジンハウス

もう一冊、Blog友達のpigletさんがドキュメンタリーの制作スタッフ
の一人として関わった作品が本になったので読みました。

余命1ヶ月の花嫁

この本の中にも、乳癌の末期の痛みと苦しみの中で、どうして彼女が
あんなにも笑顔で明るくいられたのか、その秘訣をかいまみた思いが
した言葉がありました。千恵さんの恋人太郎さんの言葉。

~胸がなくなっても今までと変わらない生活ができる、ということを
わかってもらうための情報はあげられるけど、それを受け入れて前向きな
考え方をするのは本人しかできない。だからまわりは単なる手助けしか
できません。決断する時は相当つらかったと思います。もしも胸を
とるのだけは絶対に嫌だと言われてしまうと、もう方法がなかったので、
決断してくれて本当によかったと思います。~

本を読むとTVで見ていた以上に、彼女の病気が彼女に与えていた
痛みや苦しみがよくわかりました。あらためて、千恵さんが笑顔の
下で耐えていたものがよく伝わってきました。

More
[PR]
by claraY | 2008-01-12 21:34 |

夏目漱石の「こころ」から 2.

ここ数年、誠実に生きていくのが馬鹿馬鹿しくなるような
経験を何度かしました。また、今のニュースなどを見ていても
苦々しい思いにとらわれることが多々あります。

だけど、この本を読むと、たとえ周りの人にばれなくても
罪というのは、人の心を蝕んでいくのだということが苦しいほど
伝わってくるのです。

Kは遺書でも先生を責めず、身寄りもなく、
Kの本意を聞いていたのは、先生しかいなかったため、先生が
「知らぬ存ぜぬ」を通せば、先生を責める人は誰もいませんでした。
だけど先生には、自分のずるさ、卑怯さが誰よりもわかっていたのです。
Kがどんなに素晴らしい人間だったかということも。

先生の心の「良心」が、先生自身が生きている間中、先生を
責めているような毎日。先生はKをだしぬいてでも手にいれたかった
お嬢さんと結婚でき、2人の仲は悪くなかったにも関わらず、そのお嬢さん
にどうしても打ち明けることができない闇を抱えたまま、最愛の人から
去っていかなければならなくなります。

ねたばれ続行中
[PR]
by claraY | 2007-12-22 07:08 |

夏目漱石の「こころ」から 1.

ここ数日、ふと時間ができるとこの本のことが心に浮かび上がって
くるので、埃をはらって読み直してみました。

中学2年生のときに、担任の先生がご自分が今読んでいる本について
ホームルームでお話しをしてくださるのを楽しみにしていて、
先生のあとについて本を読んでいたときに出会った一冊。

なぜ、この本が印象に残っているかというと、それは・・・
私がはじめて「罪」というものについて考えるきっかけを
与えてくれた本だったからだと思います。

強盗や殺人、横領という罪は理解しやすい。

だけど、この本で漱石が描き出しているのは、そういう罪の
お話しではありません。

ねたばれしてます。要注意!
[PR]
by claraY | 2007-12-22 06:53 |

最後だとわかっていたなら

e0061768_9104913.jpg


あなたが眠りにつくのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは もっとちゃんとカバーをかけて
神様にその魂を守ってくださるように祈っただろう

あなたがドアを出て行くのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは あなたを抱きしめてキスをして
そしてまたもう一度呼び寄せて 抱きしめただろう

あなたが喜びに満ちた声をあげるのを聞くのが
最後だとわかっていたら
わたしは その一部始終をビデオにとって
毎日繰り返し見ただろう

確かに いつも明日は やってくる
見過ごしたことも取り返せる
やりまちがったことも
やり直す機会が いつでも与えられている

「あなたを愛してる」 と言うことは
いつだってできるし
「何か手伝おうか?」 と声をかけることも
いつだってできる

でも もしそれがわたしの勘違いで
今日で全てが終わるとしたら
わたしは 今日
どんなにあなたを愛しているか 伝えたい

そして私達は 忘れないようにしたい

More
[PR]
by claraY | 2007-10-29 08:51 |

ほんとうにたいせつなもの

ほんとうにたいせつなもの―たいせつなきみ 2
マックス・ルケード / / いのちのことば社フォレストブックス



今週、一緒に働いていた素敵な女性が職場を去っていきました。
結婚されて赤ちゃんができて、自分の子供を自分で育てたいから・・・って
将来を嘱望されていた方でしたけれど、みんなから愛されていた人でしたけれど、
爽やかに去っていかれました。(有能な方なので、きっといつかお仕事に
もどってくると思いますけどね・・・)

その彼女に贈り物をしたくて、家にあったこの本を読み返していたとき、
エリの言葉が、私の心に響きました。

箱やボールを集めることで人よりも優位に立とうとして、
競争になってしまったパンチネロたちの世界。疲れ果てて
エリ(たぶん、神様のこと)のところへやってきた
パンチネロにエリが語ったのは・・・・

「おまえは、はこやボールあつめに夢中で、ともだちをだいじにするのさえ
やめてしまったね。そして、なによりも、しんらいする気持ちをわすれていた。
おまえをしあわせにしてあげられる、このわたしをしんらいしないで、
あのはこやボールを、たよろうとしていたんだよ。」

More
[PR]
by claraY | 2007-09-29 00:54 |

賛美のこころ by 工藤篤子さん

e0061768_16372928.jpg






ネット上で少しずつ証を読ませていただいていて、
どうしても読みたくなり、注文した本が届きました。

工藤篤子さんの賛美のこころ

一気に最後まで読みました。
ずっと心の中でもやもやしていたことが、この本を読む中で
「あ~、やっぱりそうだったんだ~」と納得できて、清清しい
気持ちになりました。

人の前に出てスポットライトを浴びて賛美する前に、
神様のことを証する前に、工藤さんが自分の罪を罪として認め、
悔い改めて、周りの人との間に平和を築き、一歩一歩神様に
従っている姿こそ、私もそうありたいと願う姿だと思ったのです。
この本に出会えたことを感謝します。

More
[PR]
by claraY | 2007-09-09 16:30 |

思い出のアンネ・フランク by ミープ・ヒース

e0061768_0245924.jpg


「思い出のアンネ・フランク」 by ミープ・ヒース
深町眞理子訳 文春文庫

「アンネの日記」を読まれた方は多いと思います。読まれた方だったら、
ミープがどんな役割を果たした女性だったか、思いあたりがあることでしょう。
2年以上にわたるフランク一家の隠れ家生活を外から支援しつづけた
女性であり、フランク一家が捕まった後、隠れ家にはいり、アンネの日記を
回収し、アンネの父、オットー・フランクが生還するまで保管した人でもあります。

日記が奇跡的に残され発行されてから40年を経て、当事者だけが知る
真実が重い口から語られています。

「わたしはヒーローではない。たんに、あの暗い、恐ろしい時代に、わたしと
同じようなことをした、あるいは、もっと多くの~ことをした良きオランダ人たちの、
長い、長い列の端に連なっているにすぎない。」という言葉で始まるこの物語
は、おそらくミープ自身にとって一番思い出したくない出来事の記録だと思います。

More
[PR]
by claraY | 2007-08-15 19:15 |

千住家の教育白書

千住家の教育白書
千住 文子 / / 時事通信社




一気に読みました。
長男博さんは日本画家、次男明さんは作曲家。
そしてもちろん、末娘の真理子さんは、バイオリニスト。

その3人を育てたお母さんの本。

決して、まったく、英才児教育のHOW TO本ではありません。
こんなに暖かな、愛し合い、支えあう家庭があるのかと
思うくらい、素敵な家族の話です。一流の芸術家を育てた
のではなく、人を育てたお母さんの話です。

特に3人とも慶應幼稚舎育ちでありながら、芸術の道に進みたい
という上2人の男の子の希望を聞いたあとの親子の会話や、
慶應への進学をとりやめ、ただの浪人生として芸大受験を
選択する子供たちを長い目で見守っていく親の姿から教えられます。

真理子さんが15歳で日本音楽コンクールで優勝するまでの
本人の努力と江藤俊哉先生の厳しいレッスン。
また、その後の別の大変さの中、やっぱり親や兄弟が
精神的な支えになって、彼女が乗り越えて大人になっていく
過程が描かれています。作家重松清さんの解説で紹介されている
真理子さんがバイオリンを捨てようかとまで思いつめた
挫折の時期、父が語ったダイアモンドの話しは心に染みます。

お母さんも素敵ですが、お父さんが本当に素晴らしい方なのです。

「遊び半分の気持ちならやめろ。
何事も真剣にやることが大切なのだから。
その結果など問題ではない。」

「ビリでもよい。ベストをつくせば立派。」

「近い道など探すな。遠い道を苦労していけよ。」

子供たちがそれぞれに自分の道を選び、徹底的に追求できたのも、
このお父さんとお母さんが、懸命に働いてそのチャレンジを
応援していたからこそ・・・

そして、驚いたのは、千住文子さんがクリスチャンだったこと。

ドルチェ
千住真理子 / / EMIミュージック・ジャパン



帰りの電車の中で読み終わり、そのまま、千住真理子さんの
CDを買いにいきました。今、そのCDを聞きながら書いています。
無性に彼女のバイオリンが聞きたくなって・・・
[PR]
by claraY | 2007-07-17 19:28 |

14歳の君へ

14歳の君へ―どう考えどう生きるか
池田 晶子 / / 毎日新聞社





つい先日、本屋さんでぱらぱら~っと立ち読みしていて、
池田晶子さんが今年2月に逝去されていることに気づいて
悲しくなった。知られていなかったけど結婚されていたことにも
気づいて、さらに悲しくなった。

この本は、昨年12月25日に第一版が発行されているから、
彼女が最後に何かを伝えようとした相手は、ちょうどRと同じくらいの
年齢の子供たちだったのかもしれない。読み終わったら感想を
書きます・・・たぶん^^

月曜日にもらった風邪薬がことのほか効いて、咳がぴたりと
止まったから今週もちゃんと、なんとか、お仕事ができた。
私は、今の職場が好きだし、一緒に働いてる仲間が好きだし、
目の前にいるひとりひとりのお客様のために、自分にできる
最善のことをしてあげるのが好きなので(変?)、お仕事できるのは
嬉しい。独身時代はこうじゃなかったので・・・自分でも
はて?って思ってるんですけど・・・

明日はひさしぶりの研修で、朝10時から午後3時までなので
今日は水曜日なのにリラックス。おまけに今日のランチは
パスタだったので、パスタ大好き人間の私は思わずニッコリ!
[PR]
by claraY | 2007-05-16 20:33 |

「生かされて」、「悪魔のささやき」

生かされて。
イマキュレー・イリバギザ / / PHP研究所




あるシスターのBlogで2冊の本が紹介されているのを読んで、
急に読みたくなりました。昨夜から読み始めて
さきほど2冊とも読み終えたばかり。

悪魔のささやき
加賀 乙彦 / / 集英社





最初に加賀乙彦さんの「悪魔のささやき」を読んだ。加賀さんは
東京大学医学部を卒業後、東京拘置所医務技官として200人
近い犯罪者と関わり、また研究者として自殺を図ったけれど
助かった人たちの話しを聞いた経験などから、平常な日常から殺人や
自殺という非日常へ飛躍させてしまうものとして、「まるで
悪魔にささやかれたように・・・」「悪魔にぽんと背中をたたかれた
ように・・・」という当事者たちの声をとりあげていて考えさせられた。
一部を除き、凶悪犯罪を犯した加害者は普通の人が多かったという。

ナチス政権下のユダヤ人犠牲者の数、約600万人。
カンボジア、ポルポト政権下の犠牲者、約300万人。
ソ連で粛清されたといわれている犠牲者、約2000万人から5000万人。
文化大革命での犠牲者、約100万から2000万人。
原爆投下の犠牲者、約30万人。。。。。
「もう2度と!」と決意しながら、同じようなことが
何度も何度も繰り返されてきた私たちの歴史。
その背景にあるものは?

More
[PR]
by claraY | 2007-05-06 15:22 |
カテゴリ
リンク
Copyright‐©
2005-2008
Clara
All Rights Reserved
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
最新のトラックバック
Dolce(ドルチェ)
from Rex and Kyoko
ありがとうございました。..
from わたしのフランス生活
恵比寿でお食事
from AL!N:QL!N
名人の愛読書
from Rex and Kyoko
ユナイテッド93
from シネクリシェ
星野富弘さん
from Rex and Kyoko
ユナイテッド93
from とんとん亭
ユナイテッド93 / U..
from きょうのあしあと
United93 ユナ..
from 表参道 high&low
映画「ユナイテッド93」
from ミチの雑記帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧