星をかぞえながら・・・


Welcome!
by claraY
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

イエス様に名前を呼ばれて・・・ 4.

1.自分は罪人であると認めること
2.イエス様は神の子であると認めること
3.イエス様を心の中にお迎えすること

そう、この3つに関しては、特別抵抗もなく祈ることができたのだけど、
4つ目の「自分の人生を神様に明け渡す」ということについては、
強い抵抗があってどうしても祈ることができなかった。



その翌日、私たちは二つのチームに別れて、ソフトボールの試合を
していた。私たちのチームは大差で負けていて、みんな試合をなげて
しまっていた。ところが、途中で気がついたんだけど、私たちのチームの
リーダーの男の子は、試合をなげていなかった。彼はクリスチャンだった。
「次はバントでいくぞ!」とか、「塁に出たら走れ!」とか、このごにおよんで
まだ、作戦を練っている。「勝てるわけないじゃん。こんなに負けてるのに。」
と心の中で思った瞬間、神様が何かを教えてくれた。

もし、この試合が私の人生だったらどうだろう???

負けが確定しているような状況に立たされたら、私はどうするだろう???

きっときっと、私は今日のゲームと同じように、試合をなげてしまうだろう。
それは間違いなかった。

でも、もし、私たちのチームのリーダーの男の子のように、
イエス様が私と同じチームで一緒に戦ってくださったら、
私は、きっと自分の試合(人生)をなげずにすむんじゃないか。
彼みたいに最後まで、勝つ気で試合ができるんじゃないか、そう思えた。
私一人じゃ無理。でも、神の子であるイエス様が一緒だったら・・・?

急に私はクリスチャンになりたくて、なりたくて、たまらなくなった。
試合が終わると同時に、ルーさんを探すため、雨の中を走り出した。
あちこち探して、やっとルーさんを見つけた時、
私は遠くから、大きな声でルーさんに叫んでしまった。

「ルーさん、私、やっぱりクリスチャンになる。4つ目のこともお祈りして、
私、やっぱりクリスチャンになる。」

あれから、長い月日がたったけれど、振り返ってみると、
イエス様はいつも、私にとって、最後まで試合を投げ出さない友だった
ことがわかる。ううん、イエス様が投げ出さなかったのは、私の試合の
よしあしじゃなくて、私だったんだということがよくわかる。

イエス様、ありがとう。私はあなたが大好きです。

恐れるな、わたしはあなたをあがなった。
わたしはあなたの名を呼んだ。
あなたはわたしのものだ。
旧約聖書 イザヤ43:1b

[PR]
by claraY | 2005-09-14 17:18 | Jesus
カテゴリ
リンク
Copyright‐©
2005-2008
Clara
All Rights Reserved
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
最新のトラックバック
Dolce(ドルチェ)
from Rex and Kyoko
ありがとうございました。..
from わたしのフランス生活
恵比寿でお食事
from AL!N:QL!N
名人の愛読書
from Rex and Kyoko
ユナイテッド93
from シネクリシェ
星野富弘さん
from Rex and Kyoko
ユナイテッド93
from とんとん亭
ユナイテッド93 / U..
from きょうのあしあと
United93 ユナ..
from 表参道 high&low
映画「ユナイテッド93」
from ミチの雑記帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧