星をかぞえながら・・・


Welcome!
by claraY
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

VENEZIA~FIRENZE

ホテルから電車に乗って10分ほどでベニス本島へ。
サンタ・ルチア駅に降り立つと、そこは水の都。Rと、一緒に行った
1人旅の高校3年生の女の子2人が歓声をあげるのが可愛い。

女の子とはヴァポレット(水上バス)の乗り場で別れ、私たちは
サン・マルコ広場へ。目の前に広がる海と気持ちいい風。
昨日まで時間に追われていたのが嘘のようです。

「イタリアっていいな。時間がゆったり流れてる。」とR。

猛暑の中、長蛇の列ができているサン・マルコ寺院(イエス様の12弟子
の1人、マルコの遺体を収めるため、828年に建てられたそう・・・)に
入るのはあっさりあきらめ、鐘楼に登ってベニスの景色を楽しむことに。
その後、ドゥカーレ宮殿の中を見学。もともと絵や彫刻を見るのが
好きだとは思っていたけれど、Rがひとつひとつ丁寧に見て歩いている
姿を見て、「やっぱり連れてきてよかった!」と思いました。
それからの彼の口癖は「全部見る」(笑)。

サン・マルコ広場のトラットリアで昼食のあと、ゴンドラで市内を回り、
もう一度ヴァポレットに乗って、ムラノ島へ。ここはベネチアングラスで
有名な島。夕方リトルト橋近くのレストランで、一人旅の女の子と
待ち合わせして夕食。9時ごろホテルに戻る。爆睡。。。。
翌朝、ユーロスターに乗ってFIRENZEへ。
e0061768_1084682.jpg




e0061768_956598.jpg

フィレンツエに着いてホテルのチェックインをすませたあと、
すぐに探したのはサン・ジョバンニ礼拝堂。ここの「天国の門」を
Rに見せてあげたかったから。
e0061768_102879.jpg

「天国の門」を探しているうちにドゥオモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)
のクーポラがにょきっと姿を現しました。(←一番上の写真です)
彫刻家、ギベルティによって造られた「天国の門」は、旧約聖書のモチーフが
使われていて、Rにはおなじみのお話しばかり。
e0061768_1024276.jpg

ミケランジェロ作ダビデ像のあるアカデミア美術館へ。
そのすぐお隣には、フラ・アンジェリコのフレスコ画があるサン・マルコ修道院
あります。「聖告」に再会するのは今回の旅行の楽しみのひとつでした。
↑は、地図を見ながら先導(笑)してくれているR。

アカデミア美術館内にある、ミケランジェロの苦心のあとが見える未完成の
彫刻の間を抜けると、4メートルもあるダビデ像が入館者を迎えてくれます。
ダビデ像が見据えているのは、彼が闘ったゴリアテただ1人ですけれど。。。

ダビデ像が何も身につけていないのは、おそらく、神の御名以外には
何も守る術がなかったことを強調しているからなのかもしれません。

神への絶対の信頼。
恐れなきその姿から、聖書の中に繰り返されている
「恐れるな」という神の声を聴いたような気がしました。

Rは随分長い間、このダビデ像の前にたたずんでいました。。。
何を考えていたのでしょうね?
[PR]
by claraY | 2007-08-03 09:46 |
カテゴリ
リンク
Copyright‐©
2005-2008
Clara
All Rights Reserved
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
最新のトラックバック
Dolce(ドルチェ)
from Rex and Kyoko
ありがとうございました。..
from わたしのフランス生活
恵比寿でお食事
from AL!N:QL!N
名人の愛読書
from Rex and Kyoko
ユナイテッド93
from シネクリシェ
星野富弘さん
from Rex and Kyoko
ユナイテッド93
from とんとん亭
ユナイテッド93 / U..
from きょうのあしあと
United93 ユナ..
from 表参道 high&low
映画「ユナイテッド93」
from ミチの雑記帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧