星をかぞえながら・・・


Welcome!
by claraY
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

「告白」より~ by アウグスティヌス

聖アウグスティヌス 告白〈上〉
/ 岩波書店




第4章より抜粋 「神の偉大と完全とは説明しつくされない」

~もっとも高く、もっとも善く、もっとも強く、もっとも全能であり、もっともあわれみ深く、
しかも、もっとも正しく、もっともかくれてしかももっともあらわであり、もっとも美しく、
しかももっとも勇ましく、恒常であってしかも変えられず、不変でありながら、
すべてのものを変化させられる神よ、あなたは新しくなることも古くなることもなく、
しかもすべてのものを新しくし、「高ぶるものを老いさせられるのに、彼らは知らない」

つねにはたらき、つねに休み、集めるが乏しいのではなく、背負い、満たし、保護し、
創造し、養育し、完成し、何ものもあなたに欠けていないのに、さがし求められる。

あなたは愛しながら熱することはなく、ねたみながら苦しむことはなく、悔いて
しかも悲しむことはなく、怒ってしかも心安らかであり、みわざを変えられながら
み心を変えられることがない。

あなたは見出すものを受け入れて、しかもそれをけっして失われたのではない。
あなたは少しも欠いてはいないのに、何の不足もないのにもうけを喜び、
けっしてむさぼることがなにのに利子の取立てをなさる。



あなたは債務を負わされるために、余分の支払いを受けられるが
だれがあなたのものでないものをもつであろうか。

あなたは誰にも負うことがないのに、負債を払い、負債を返して、
何ものも失うことがない。

ところで私の神よ、わたしの生命よ、わたしの聖なる喜びよ、
われわれは上に述べたことによって、何を語ったであろうか。
また、ある人があなたについて語るとき、何を語るであろうか。
しかも、あなたについて語らないものはわざわいである。
あなたについては、能弁なものも、唖者にひとしいからである。~



アウグスティヌスといえば、母モニカを思い出す人は多いと思う。
キリスト教の家庭に生まれながら異教徒の男性と結婚し、夫の暴力や浮気性に
苦しみ、子供アウグスティヌスも同棲の結果、子供までもうけ、マニ教に入信、
モニカを苦しめつづけた。彼女の祈りはつづき、夫は死の前年に回心して
洗礼を受け、アウグスティヌスも長期間の放蕩ののち、キリストを信じ、
放蕩な生活を悔い改める。息子の洗礼後、ほどなくしてモニカは没している。

この4章のアウグスティヌスの言葉は、神様と親しく交わった人にしか
書くことができない味わい深い言葉だと思う。時を超えて・・・
神に求められ、神を求める1人の男性の熱い思いに触れることができる。
[PR]
by claraY | 2007-04-02 06:27 | Jesus
カテゴリ
リンク
Copyright‐©
2005-2008
Clara
All Rights Reserved
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
最新のトラックバック
Dolce(ドルチェ)
from Rex and Kyoko
ありがとうございました。..
from わたしのフランス生活
恵比寿でお食事
from AL!N:QL!N
名人の愛読書
from Rex and Kyoko
ユナイテッド93
from シネクリシェ
星野富弘さん
from Rex and Kyoko
ユナイテッド93
from とんとん亭
ユナイテッド93 / U..
from きょうのあしあと
United93 ユナ..
from 表参道 high&low
映画「ユナイテッド93」
from ミチの雑記帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧