星をかぞえながら・・・


Welcome!
by claraY
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ユナイテッド93

e0061768_5524342.jpg




少し忘れかけていた9:11のあの事件のこと。
映画を観ながら思い出していました。

思い出しながら、同日、4機の民間旅客機がハイジャックされ、
そのうち、2機がワールドトレードセンタービルに激突、
一機がペンタゴンに激突、そして93便だけが墜落・・・という
普通ありえない事件だったことを、もう一度思い知らされました。

映画は遺族を含めた関係者への膨大なインタビューをもとに
構成され、当日現場にいた管制官や軍関係者を役者として起用
するなど、事実の記録に徹する姿勢を貫いています。
もちろん生存者0ですから、完全に再現することは不可能である
ということをふまえたうえで・・・

「神様・・・」と主の祈りを祈り始める乗客と
「私の命を神様にささげます。お守りください。」と
別の神様に祈るハイジャック犯たち。

乗客の中に、元パイロットや元管制官がいたらしく、
コックピット奪還の計画が練られ(といっても短時間の情報交換と
意志決定)数少ない武器を手にとって行動を起こした乗客たち。
彼らは飛行機を墜落させるためではなく、コックピットを奪還して、
もう一度高度を建て直し、生きるために行動を起こした可能性が
高いということを知りました。彼らには待っている人がいたのです。

下がりすぎた高度は2度ともとには戻りませんでした・・・

よき夫であり、父であり、息子であり、娘であり、母であり、
妻である人たちの命が、突然の侵入者の手によって奪われました。
その人たちはもう戻ってこないし、2度と家族や友達と会うことは
できないと思うと悲しい。でも・・・
彼らの行為は、この悲劇や大惨事と共に、
語り継がれていくことでしょう。「光が闇の中で輝く」ように。

私が見たのは、六本木にある映画館でしたが、売店には
「レッツロール!」が並べられていました。
この本はユナイテッド93便の乗客の一人、トッド・ビーマーさんの
残された妻が書いたものです。
[PR]
by claraY | 2006-08-22 06:24 | 映画
カテゴリ
リンク
Copyright‐©
2005-2008
Clara
All Rights Reserved
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
最新のトラックバック
Dolce(ドルチェ)
from Rex and Kyoko
ありがとうございました。..
from わたしのフランス生活
恵比寿でお食事
from AL!N:QL!N
名人の愛読書
from Rex and Kyoko
ユナイテッド93
from シネクリシェ
星野富弘さん
from Rex and Kyoko
ユナイテッド93
from とんとん亭
ユナイテッド93 / U..
from きょうのあしあと
United93 ユナ..
from 表参道 high&low
映画「ユナイテッド93」
from ミチの雑記帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧