星をかぞえながら・・・


Welcome!
by claraY
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リトル・ランナー

e0061768_8495742.jpg








ギンレイホールで上映していた映画リトル・ランナーの最終日が
昨日だったので、会社が終わってから飯田橋まで足を運んだ。
小さな名画座、ギンレイホールは人でいっぱいだった。

主人公のラルフはR君と同い年の14歳。
カトリック系のミッションスクールに通っている。
お父さんは戦死、お母さんは重篤な病で入院中。



ある日、彼の目の前で昏睡状態におちいってしまった母。
「お母さんは奇跡でもおきないかぎり目覚めない」
と医者に言われ、奇跡を起こすために
ボストン・マラソンに優勝することを自分に課す。

彼をコーチすることになるヒバート神父や
親友チェスターとの関係がいい。

ミッションスクールではあるが、実は教師である
神父たちには信仰がなく、奇跡なんて信じてもいない
ことが徐々に浮き彫りになってくる。

ラルフのボストン・マラソン出場を執拗に妨害する
校長(神父)に向かって、ヒバート神父が
語りかける場面がよかった。

「実は彼に会うまで何も信じていませんでした。
でも、今はこう思えます。この世を去るとき、
神がお尋ねになる。「危険を冒したことは?」
「先が見えずとも跳んだことは?」
「目を閉じて、運を天にまかせたことは?」
今の私の答えは・・・
(この先はこれから映画を見る人のために書かないことにしますね・・・^^)

本当の奇跡は、病気が治るとか、超自然的なことが起こるとか、
ただ、そういうものじゃなくて、たぶんそれ以上のもの。
人の心の中に、劇的な変化をもたらすものなのだろうと思った。
自分でどうすることもできない部分こそが変えられるという変化を・・・
[PR]
by claraY | 2006-07-01 08:52 | 映画
カテゴリ
リンク
Copyright‐©
2005-2008
Clara
All Rights Reserved
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
最新のトラックバック
Dolce(ドルチェ)
from Rex and Kyoko
ありがとうございました。..
from わたしのフランス生活
恵比寿でお食事
from AL!N:QL!N
名人の愛読書
from Rex and Kyoko
ユナイテッド93
from シネクリシェ
星野富弘さん
from Rex and Kyoko
ユナイテッド93
from とんとん亭
ユナイテッド93 / U..
from きょうのあしあと
United93 ユナ..
from 表参道 high&low
映画「ユナイテッド93」
from ミチの雑記帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧