星をかぞえながら・・・


Welcome!
by claraY
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

そのかたはここにはおられない。

あちこちのBlogで、カラフルなイースターエッグのお写真を
何枚も見かけました。クリスマスは、イエス様の誕生を
お祝いする日ですが、イースターと呼ばれる復活祭は、
イエス様が死から蘇られたことをお祝いします。

聖書には不思議な記述がたくさん残っているのですが、
その最たるものは、神の一人子であったイエス・キリストが
罪によって神から離れてしまった人間の身代わりになって、
まったく罪がなかったにもかかわらず、十字架で命を
ささげ、葬られた後、生前話していたとおりに
3日目に復活して、多くの弟子の前に現れたという箇所でしょう。



この復活の場面は本当に美しく、人間の恐怖や絶望の
さなかに、イエス様がはいってこられて、状況が
どんなに希望がなくても、生前話しておられたように、彼らに
平安を与えていかれる姿を読むたび、励まされてしまいます。

「安かれ、父がわたしをおつかわしになったように、
私もあなたがたをつかわす。」
新約聖書ヨハネによる福音書 20章21節


弟子たちが、変えられていくのはここからです。

・ イエス様が葬られた墓に行って、墓から石がとりのけられているのを見た
  マグダラのマリア。
・ マリアの連絡を聞いて、走って墓までかけつけ、遺体がなくなっているのを
  目撃するペテロとヨハネ。
・ 家の中に隠れて全ての扉をしめきっていた弟子たちのところへ
  はいってきたイエス様と再会する弟子たち。
・ 漁にでかけて獲物が獲れず、落胆しているペテロに魚が獲れるよう誘導し、
  大漁の魚を獲って浜までもどってきたペテロたちにパンと魚の食事を与える
  イエス様。
・ どうしてもイエス様の復活を信じることができないトマスのためにもう一度、
  閉ざされた家に来て、「信じない者にならないで、信じる者になりなさい」
  と語りかけられるイエス様。
・ エルサレムからエマオへと向かう途中で、復活したイエス様に会い、一緒に
  食卓を囲み、パンを食べた2人の弟子たち。彼らはその後、「お互いの心が
  内に燃え」、エルサレムにとって帰ります。エルサレムに残っていた弟子たちも
  イエス様に会っていたため、お互いにそのことを話していると、イエス様が
  またその場に来られるのです。

「そこで、イエスは聖書を悟らせるために、彼らの心を開いて、
言われた、「こうしるしてある。キリストは苦しみを受けて、
三日目によみがえる。その名によって、罪のゆるしを得させる
悔い改めが、エルサレムから始まって、もろもろの国民に
宣べ伝えられる。あなたがたは、これらの事の証人である。」
ルカによる福音書24章46~48節


美しい場面の数々、死は、憎しみは、恐怖は、裏切りは、どこへ行って
しまったのでしょう。イエス様の復活は、全てをぬりかえてしまった
かのようです。読むたびに、新しい発見がある箇所ですが、今日は、
「パンと魚」という言葉に、心がひっかかりました。

聖書の言葉を味わいながら、分かち合いながら、
一日を過ごしたい。私も復活されたイエス様に会うために・・・
[PR]
by claraY | 2006-04-16 06:47 | Jesus
カテゴリ
リンク
Copyright‐©
2005-2008
Clara
All Rights Reserved
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
最新のトラックバック
Dolce(ドルチェ)
from Rex and Kyoko
ありがとうございました。..
from わたしのフランス生活
恵比寿でお食事
from AL!N:QL!N
名人の愛読書
from Rex and Kyoko
ユナイテッド93
from シネクリシェ
星野富弘さん
from Rex and Kyoko
ユナイテッド93
from とんとん亭
ユナイテッド93 / U..
from きょうのあしあと
United93 ユナ..
from 表参道 high&low
映画「ユナイテッド93」
from ミチの雑記帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧