星をかぞえながら・・・


Welcome!
by claraY
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

「ナルニア国物語」を観て by R

ライオンと魔女 ナルニア国ものがたり(1)
C.S.ルイス 瀬田 貞二 C.S. Lewis / 岩波書店

☆ この文章は、R君(14歳)が書いたものです。


僕が「ナルニア」を観終わってまず一番に思ったのは、あそこが
凄かったとか、ここが凄かったということではなく、登場人物の中の
一人が、とても自分に似ているということだった。その人物は残念ながら、
愛らしくて素直なルーシーや、兄弟の年長としてみんなの世話をみる
ピーターではなく、「あなたを王様にしてあげるわよ」と言う言葉に
乗せられて悪魔のような白い魔女に兄弟を売り渡そうとしたエドマンドだ。



もちろん彼は兄弟たちが自分のしたことによって、生命の危険に晒される
ことを理解して白い魔女に兄弟たちの居場所を教えたりしたわけではない。
ただ彼は自分が王様になりたい。そして、自分に偉そうにする(といっても
これも彼の思い込みなのだが)ピーターを家来にしてちょっとこき使ってやろう。
フフフ・・・とこれくらいの事しか考えずにしてしまったのだ。

さて、何で彼が僕に似ているとおもったかというとまさにそういう所だ。
彼は大した事も考えずに大した事をしてしまう。そして、後でしてしまった
事の重大さに気付いて嘆く。僕にもこういうことがたまにある。
それに、彼はほんのすこし嘘をついてしまう。これに関しては、僕は、
おおいに心当たりがある。要するに、僕がエドマンドと似ていると思った
次第は、こういう悪い部分なのだ。

それと、もう一つ僕が思ったのは、エドマンドが惹かれてしまった部分。
これは人間の最も弱くもろい部分なんじゃないだろうかということだ。
劇中でエドマンドが誘惑された甘~いお菓子。あれは現代で言うお金や
ドラッグだとおもった。なぜならあの御菓子。あれは一度食べると、どんな
に止めようとしても止められず、食べ過ぎた者は最後には死んでしまうのだ。
お金や薬は最も人間が惹かれてしまうところだと思う。

ナルニアを作ったCSルイスは、そういうところで、読者たちにそういう物に
惹かれてはいけないよと忠告していたんだと思う。しかし、エドマンドは、
ある事がきっかけで更正し、何とゆくゆくは正義王と呼ばれるまでの
素晴らしい青年となる。

そのある事とは、ナル二ア国の創造者、アスランの死である。彼は、
エドマンドの命と引き換えに自分の命を白い魔女に捧げ、そして、
死んでしまう。何故、何故、何の罪もない彼が死なねばならないのか?
それは彼がエドマンドを愛していたからだ。彼はナル二アの全てを愛して
いたから、小さなエドマンドの犠牲になって死んでくれた。エドマンドは、
その自分に向けられた深い愛に気が付き、更正していくのだ。ところで、
CSルイスは、ナルニアに、CSルイスいわく「クリスマスの時期に私たちの
世界に来てくださった方」の仮の姿を描き出していると言う。ここまで
読んでくれた人たちはもうわかっているかもしれないが、その方とは、
他の人のために自分の命を捨てられる人。その方こそ「クリスマスの
時期に私たちの世界に来てくださった方」なのだ。

僕はその方を知っているけれど、まだクリスチャンになっていない人は、
どの存在が「クリスマスの時期に私たちの世界に来てくださった方」
なんだろうと考えながら観ると、新たな発見があるかもしれない。
[PR]
by claraY | 2006-04-01 22:04 | R
カテゴリ
リンク
Copyright‐©
2005-2008
Clara
All Rights Reserved
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
最新のトラックバック
Dolce(ドルチェ)
from Rex and Kyoko
ありがとうございました。..
from わたしのフランス生活
恵比寿でお食事
from AL!N:QL!N
名人の愛読書
from Rex and Kyoko
ユナイテッド93
from シネクリシェ
星野富弘さん
from Rex and Kyoko
ユナイテッド93
from とんとん亭
ユナイテッド93 / U..
from きょうのあしあと
United93 ユナ..
from 表参道 high&low
映画「ユナイテッド93」
from ミチの雑記帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧