星をかぞえながら・・・


Welcome!
by claraY
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

「チソン、愛してるよ」と「ミリオンダラー・ベイビー」

チソン、愛してるよ。
イ チソン 金 重明 ハ チョンミン / アスペクト




今日、横浜で友人と一緒にランチしたあと、ライフセンター
連れていってもらえたので、以前から読みたかった本、
「チソン、愛してるよ」を買ってきました。



昨日の夜、DVDで、ミリオンダラー・ベイビーを見て、どうしても
ラストに納得がいかず、心がどよよ~~~ん。
チソンさんの文章を読んで、霧が晴れていくように感じました。

ミリオンダラー・ベイビーのヒロイン、マギーとイ・チソンさんは、
愛する人に同じ言葉を投げかけます。マギーは家族以上に
信頼するトレイナーのダンに。チソンさんは最愛の兄に。
「お兄ちゃん、私を殺して。私、こんなになって生きていけないわ・・・」

下に引用したのが、追突事故によって、全身の55%に第三度の
火傷を負ったチソンさんの言葉です。変わっていった彼女の言葉。
かたや、マギーを本当に絶望させたのは、身体の障害ではなく、
誰からも必要とされていないという孤独だったのではないでしょうか?
マギーは家族からの愛を切実に必要としていたのに・・・
その愛さえあれば、きっと生きていけたのに・・・

~短くなってしまった八本の指を使いながら、人にとって
爪がどれほど大切なものか痛感し、親指に一人十役をさせながら
生活し、文字を書き、親指を残してくださった神様に感謝しました。

まつ毛がないため、何でもかんでも目の中に飛び込んでくることを
経験しながら、人にとってこの小さなまつ毛さえとても重要なもので
あることを知り、棒のようになってしまった右腕を使いながら、神様が
なぜ、関節を曲がるようにしてくださったのか、手が耳に届くということが
どれほど大切なことなのかを悟りました。崩れてしまった右の耳の
おかげで、耳というものは耳に水が入らないように極めて精巧に
神様が造られたものである事実を知り、移植のために足の皮膚を
切り取った後、しばらく足をひきずって歩きながら、足が不自由な
人にとって、どんなに歩くこと自体がどれほど大変なことなのか、
実感することができました。

何よりも健康な皮膚がどれほど多くの働きをしているのか、
表面を覆っているだけで、大したものではないと思っていた
皮膚がわたしたちにとって、どれほど貴重なものであるかを
悟りました。残った皮膚が健康に働いていることに感謝し、
天の神様がわたしたちの体を細心の計画のもとに、精巧に
お作りになったということを体験しました。~

~誰にとっても、どのような人生にとっても、「死ぬほうがましだ」
という判断は正しくありません。ハンディキャップを抱え、苦労
している障害者の人生を根本から揺さぶるそのような言葉は
正しくありません。絶対にまちがっています。~

~肉体はこのようになってしまったけれども、誰よりも健康な
心を持っていることを自負しながら、このような体を恥じることの
ない心を授けてくださった神様を称え、このような体でも愛し、
お使いになられる神様の計画に感謝し・・・わたしはこのように
生きています。誰よりも幸せに生きています。~
[PR]
by claraY | 2006-01-09 15:10 |
カテゴリ
リンク
Copyright‐©
2005-2008
Clara
All Rights Reserved
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
最新のトラックバック
Dolce(ドルチェ)
from Rex and Kyoko
ありがとうございました。..
from わたしのフランス生活
恵比寿でお食事
from AL!N:QL!N
名人の愛読書
from Rex and Kyoko
ユナイテッド93
from シネクリシェ
星野富弘さん
from Rex and Kyoko
ユナイテッド93
from とんとん亭
ユナイテッド93 / U..
from きょうのあしあと
United93 ユナ..
from 表参道 high&low
映画「ユナイテッド93」
from ミチの雑記帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧