星をかぞえながら・・・


Welcome!
by claraY
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

「チョコレート工場の秘密」感想文 by R

[書評部門] 『チョコレート工場の秘密』
チョコレート工場の秘密
R・ダール Q・ブレイク 柳瀬 尚紀 / 評論社
スコア選択:

これは、R(13歳)が書いた文章です。

図書館でふと目に止まり、手にとってみた「チャーリーとチョコレート工場」。
ロアルド・ダールと言う名前に、聞き覚えがあったからなのだ。
そう、僕はロアルド・ダールの「マチルダは小さな大天才」を読んだことが
あったのだ。

その作品が非常に面白かったので、それよりは面白くないだろうなとあまり
期待せずに読んだのだが、読んでいくうちに面白さがわかってきた。主人公の
子供は、一年に一回の誕生日にもらう、たった一枚のチョコレートを数か月
かけて、食べていくという超絶な貧乏っぷり。しかし、そんな状況でも自分の
家族を心から愛している。



そんなある日、夢のお菓子工場の社長、ウィリー・ウォンカが五人の子供を
その工場に招待すると公表する。ただし、入れるのは、チョコレートに
隠されているゴールデン・チケットを当てた子供だけ。
チョコレート大好きなチャーリもそれを耳にして、心が浮き立つ。

しかし、実際には、ゴールデンチケットは入っておらず、夢は潰えたかと思われた。
そこで、おじいちゃん登場。おじいちゃんが大切に取っておいたお金をチャーリーに
渡してくれるのだ。こういうのっていいなぁとおもった。おじいちゃんは言う。
「このお金でもう一枚チョコを買っておいで」ああ、当たってほしいなあ、と思った
が、外れだった。そして、なんとひろったお金で、最後のゴールデン・チケットが
あたってしまうのだ。

やった!と思った。
そして待ちに待ったその日、やってきた他の子達は、それぞれが一つ一つ異なる
人間の悪い所を持っていた。最初に、食べてばっかりいる子、強欲。
次に、何個も賞を獲っている女の子、目立ちたがり屋。
それから、親に「あれが欲しい」、「これが欲しい,」と言う我慢を知らない女の子、
欲張り。そして、気持ち悪いゲームが大好きな男の子、この子は、なんと
言うか、心が荒んでしまっているのだと思う。

これはあくまで僕の感想なのだが、人間にとって一番大事なのは心だ。
何か綺麗なものを見て「うわあ、見てごらんよ。なんて綺麗なんだろうね」とか、
好きな人が死んでしまったりするときには、素直に泣いたりできる。これが人間の
持っている心と言うものだ。しかし、この少年はその心が荒んでしまっているのだ。
だからこの少年が綺麗なものを見たとしても「へ。大した事ねえよ」と言うだろう。
又この子の好きな子が死んでもたぶんこの子は「人が死ぬのは仕方ないこと」と、
あきらめてしまうだろう。この子のほかの子達も、一人一人の持っている
悪いところが災いしてどんどん脱落(?)していく。僕はそういうところを読んで、
この物語の純粋に面白いところと、作者のロアルド・ダールが、君もこういう
人間の悪いところに気を付けるんだよ、と言わんばかりのストーリーに深く共感した。

最後に幸せになる主人公チャーリー。
これもまた、人間にとって一番大切なのが綺麗で純粋な心だとロアルド・ダールが
僕たちに語りかけているように思えてならない。

映画「チャーリーとチョコレート工場」
[PR]
by claraY | 2005-09-27 08:48 | R
カテゴリ
リンク
Copyright‐©
2005-2008
Clara
All Rights Reserved
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
最新のトラックバック
Dolce(ドルチェ)
from Rex and Kyoko
ありがとうございました。..
from わたしのフランス生活
恵比寿でお食事
from AL!N:QL!N
名人の愛読書
from Rex and Kyoko
ユナイテッド93
from シネクリシェ
星野富弘さん
from Rex and Kyoko
ユナイテッド93
from とんとん亭
ユナイテッド93 / U..
from きょうのあしあと
United93 ユナ..
from 表参道 high&low
映画「ユナイテッド93」
from ミチの雑記帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧